ケア・去勢・避妊

  • HOME
  • ケア・去勢・避妊

ケア・去勢・避妊

大切なペットがいつまでも健康に暮らすためには、日ごろのケアはもちろんのこと、去勢や避妊といった処置も大切です。不妊手術を行うことによって、さまざまな病気の発症リスクを抑えることにつながります。

こちらでは、札幌市厚別区の「北央どうぶつ病院」が行っている、去勢・避妊手術についてご説明します。また、当院ではセカンドオピニオンにも対応していますので、気になる症状はお気軽にご相談ください。

去勢・避妊手術について

不妊手術の特徴

生後6ヶ月以降のペットに対し、不妊手術はさまざまな病気の発症リスクを低下させることにつながります。オスの場合は精巣を取り除く去勢手術、メスの場合は、卵巣と子宮を取り除く避妊手術を行います。

去勢手術や避妊手術は、動物自身のからだにとってメリットがあるだけではありません。望まれない繁殖を防ぐことで、捨て犬や捨て猫などによる社会問題を抑制することにもつながります。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

発症リスクを下げられる病気 そのほかの特徴 日数
オスの
去勢手術
精巣腫瘍、前立腺肥大症、会陰ヘルニア、肛門周囲腺腫など 発情のストレスがなくなる
攻撃性の低下
マーキングやマウンティングの低下
日帰り
メスの
避妊手術
乳腺がん、子宮蓄膿症、子宮がん、子宮内膜炎など 発情の出血やストレスがなくなる
偽妊娠などの行動がなくなる
1泊2日
当院の手術について

当院では、安全に施術できるように、術前検査を徹底的に行っております。また、手術時には全身麻酔を行いますが、麻酔モニターによって安全な麻酔の実施につなげています。鎮静剤を用いて、痛みの軽減にも努めておりますのでご安心ください。

去勢・避妊手術のケア

手術後は性ホルモンが分泌されなくなることにより、代謝量が減り、肥満になってしまうことがあります。手術後の経過が落ち着いたら、給餌量をしっかりとコントロールし、太りすぎを防ぎましょう。

また、ホルモンバランスの崩れから、まれに尿失禁などの症状が出る場合もあります。気になることや、お困りのことがありましたら、担当医までご相談ください。

去勢手術・避妊手術の料金
オスの去勢手術 23,000円~ 10,000円~
メスの避妊手術 30,000円~ 28,000円~

セカンドオピニオンについて

セカンドオピニオンについて

「セカンドオピニオン」は人間の医療において耳にしたことがある言葉かと思いますが、動物の診療においても使われます。これは、かかりつけ医の見立てや治療方針について、別の獣医師から意見を求めることです。

セカンドオピニオンは、「主治医が信用できないから・・・」といった考えで行うものではありません。動物の医療の世界は日進月歩です。新しい治療法について、一人の獣医師のみが把握しているとは限らず、別の獣医師が知っているかもしれないのです。

また、ワンちゃんやネコちゃんの場合には、自身で体調のことを訴えることができません。複数の獣医師が別の角度から検査を行うことで、新たな問題点や治療法が見えてくることもあるのです。

飼い主様の中には、「セカンドオピニオンを希望すると、主治医の先生が気を悪くされるのでは?」と気にされる方もいらっしゃいます。セカンドオピニオンは転院とは異なります。別の獣医師の意見を聞き、その考えをもとに、主治医と最良の治療法を考えればよいのです。

「他の治療法はないのかな?」「別の獣医師の意見が聞きたい」「手術しか方法はないのだろうか?」などとお悩みの方は、セカンドオピニオンを受けてみませんか? 大切なペットにとって幸せな方法を私たちと一緒に考えていきましょう。

セカンドオピニオンの際に持参していただきたいもの
  • 獣医師による診療情報提供書があればベストです。もし難しいようであれば、今までの検査内容や治療方法、投薬内容、ペットの状態の経過などをまとめたメモ書きを持ちください。
  • これまで受けられた血液検査の結果やレントゲンデータ、CT検査、MR検査などのデータ情報がございましたら、できるかぎりご持参ください。
  • 現在飲ませているお薬がありましたら、そのお薬および薬袋をお持ちください。
  • 十分なお時間を頂きたいので予約制になります。事前にお問い合わせ下さい。